60代男性のデート|女性に『また会いたい』と思わせるプランの立て方

女性が喜ぶ60代男性のデートの誘い方・プラン 60代男性の恋活

いくつになっても、気になる女性に出会ったら、もっとその人のことを知りたいと思いますよね。

しかし、いざデートとなると、どう誘えばいいのか・どんなところに行けばいいのかわからない…。

そんな悩みはありませんか?

60代だと、デートなんて数十年ぶりという方も多いはず。

デートの準備、何から始めればいいんだろう?

この記事では、60代の男性がデートを成功させる方法をご紹介します。

【60代男性用】女性が思わずOKしたくなるデートの誘い方

よく「デートは3回目までが勝負」と言われています。

女性は3回目までのデートで、気になる相手の様子を観察するのです。

お付き合いしてもいい感じかな?どうかな?

最初のデートのお誘いにOKしてくれたなら、少なくともキライではなく、興味があるということ。

女性は、男性が誘ってくれるのを待っています。

一歩踏み出そうかどうしようか迷っている状態なのですね。

そんな彼女の背中を押して、YESの返事をもらえるデートの誘い方をご紹介します。

デートに誘うタイミングはやり取りを進めてから

恋活アプリやイベントなどで知り合った場合、いきなりデートに誘うと女性はびっくりしてしまいます。

軽い人だと思われてしまうかもしれません。

もしかして、遊びなの?

まずは、メールで何度かやりとりをして、相手の緊張や警戒心をほぐすことが大切!

デートに誘うのは、それからです。

初めてのデートの誘い方

最初から日時と場所を指定するような誘い方をすると、失敗しがちです。

「〇月〇日の〇時頃に、『〇〇〇〇』というイタリアンのお店で食事しませんか?」

その日にちは都合が悪いかもしれませんし、イタリアンは苦手かもしれません。

女性は、ハードルが高いと感じてしまうかも。

なんだか身構えちゃう。

それよりも、ざっくりとした誘い方をしてみてください

「今度一緒においしいものでも食べに行きませんか?」

こんな風に言われると、思わず「ハイ」と答えてしまいそうですよね。

ひとまずYESの返事をもらってから、日時と場所を決めていきます

そのときに、良かれと思って「いつでもどこでもいいですよ」などと、相手に全てを決めさせないようにしてください。

かえって負担をかけてしまうことになります。

男性側がある程度絞って提案し、女性に選んでもらう形がベストです。

2回目以降のデートの誘い方

デートにこぎつけて2人の時間を楽しく過ごしたら、帰る前に次のデートのお誘いをします。

顔を見ながらだと、断りにくくなるからです。

ぜひ、またお会いしたいなぁ。

2回目以降も、日時をいくつか提案してみてください。

もし、どの日も都合が悪いと断られるようだったら、残念ながら脈がないかもしれません。

女性も「相手のことをもっと知りたい」と考えているなら、「〇日なら空いている」と提案してくるはずです。

デートで行く場所やお店選びのポイント

デートで行く場所やお店選びのポイント

60代で、デートの場所に悩む方は少なくありません。

まともにデートするのが初めての方や、ずいぶん久しぶりという方にとっては、女性が何を好むのかよくわかりませんよね。

ここでは、出会ったばかりの頃のデートで行く場所の選び方をご紹介します。

極度に疲れない場所を選ぶ

相手の女性が若いと、都市部などにぎやかな場所を選んでしまうかもしれません。

しかし、初めの頃は女性も緊張していますから、それでは疲れてしまいます。

おしゃれをしてヒールの高い靴を履いてくる可能性も高いため、うろうろ歩き回るような場所は避けたほうが無難

疲れたとも言いにくいし…。

また、どちらにとっても負担にならないような、お互いの家から近い場所を選ぶということもポイントです。

食事は落ち着いて話ができるお店で

初めてのデートでは、とにかく会話をして、お互いを知ることが大事です。

そのためには、小さな子どもが多いファミレスなどを避け、落ち着いた雰囲気のカフェやカジュアルなレストランを選びましょう

混雑していると、ゆっくりできないなぁ。

どこにでもあるようなチェーン店ではなく、ちょっとおしゃれなお店にすると女性は喜びます。

ドライブは3回目のデートから

ドライブ好きな女性は多いので、運転好きな男性は張り切ってドライブの計画を立てるかもしれません。

しかし、車の中は密室の状態。

何か下心でもあるんじゃないの?

様子を見ている段階でドライブに誘うと、女性に警戒される恐れがあります。

ドライブをするのは、何度かデートを重ねた後にしましょう。

60代でも好印象になるデートの過ごし方と注意点

60代の男性が注意したいデートの過ごし方

デート当日は、シンプルで清潔感のある服装を心がけます。

関連 好印象を与える60代男性の恋活ファッション

今日はどんな風に振る舞い、どんな会話をしましょうか?

相手の女性に、デートで良い印象を持ってもらえるような過ごし方を見ていきます。

女性が興味のある話題を心掛ける

デート中の会話は、お互いのことを知るためのもの。

「あなたの好きなことや好きなものについて話してほしい」という姿勢を見せて、相手に話してもらいます。

話好きの男性の場合、女性がおとなしいと一方的にしゃべってしまいがちです。

私は口下手だから、何を話せばいいか分からなくて…。

食事をしながらの会話なので、まずは好きな食べ物を尋ねてみてはいかがでしょうか。

相手が話すことには、相槌を打ちながら熱心に聴くことも忘れずに。

女性は、心を開いてもっと話してくれるようになります。

支払いは割り勘?スマートな払い方

デート代を割り勘にすると、相手は自分が女性として扱われていないと思ってショックを受けることも。

男性がデート代を支払うと、女性は次のように感じます。

  • 特別扱いされている
  • 大切にされている

お金が惜しいわけじゃないのよね。

そのため、たとえ女性が割り勘を提案してきたとしても、正式な交際を始めるまでは男性が支払うようにしてください。

女性がトイレに立った隙に、会計を済ませるのが理想的です。

下心は出さない

初めてのデートでは、女性は頑張っておしゃれをしてくるはず。

そこで服装や持ち物を褒められると、悪い気はしません。

褒め方は、次のようなものが無難です。

「赤い色が好きなんですか?お似合いですよ」
「そのピアス、かわいいですね」

下心を感じさせるような褒め方は、絶対にしてはいけません

「その髪型、色っぽいなあ」
「スタイルいいですね」

セクシーなポイントに、つい視線がいっちゃう男の性。気をつけなくちゃ。

ネックレスやペンダントを褒めるのも、「胸元を見ていますよ」と言っているようなものなのでNGです。

60代男性におすすめのデートコース

60代男性におすすめのデートコース

女性がデートにどんなことを求めているかがわかったところで、実際に計画を立てていきます。

プランを考える際に注意することは、次の2点です。

  • あれこれ欲張って、慌ただしくなるような計画は立てない
  • 不測の事態が起きたときのために、2パターン考えておく

それでは、60代男性のデートにふさわしいコースを3つご紹介していきます。

社会科見学のあとに予約した店で食事デート

1つ目は、大人の社会科見学です。

ビール好きな2人なら、ビール工場見学はいかがでしょうか。

試飲を楽しむことができる上に、屋内なので天候にも左右されません。

楽しいから、自然に笑顔になるよね。

アルコールが苦手という方には、次のようなものも通で好印象です。

大人の社会科見学

  • お菓子の工場見学
  • 工房でガラス細工体験

楽しく見学した後は、あらかじめ予約しておいた雰囲気の良いレストランで食事

「楽しかったね」「あれは難しかったなあ」など、見学や体験の感想を話し合って盛り上がりそうですよね。

体力づくり!ハイキングに出かける

気候の良い季節なら、ハイキングも気持ちが良いものです。

普段着でも行けるような、平坦な道のウォーキングコースにしておきます。

ゆっくり歩きながらだと、話しやすくていいね。

お弁当は、負担にならないようにスーパーやデパートで調達するのが良いかもしれません。

女性が作りたいと言ってくれれば、お任せしてもいいですね。

体を動かせば緊張がほぐれ、2人の距離がグッと縮まります。

相手の女性の趣味に合わせたデート

基本的には男性がリードして場所を決めますが、女性側に提案があるのならそちらを優先します。

一緒に行きたいところがあるんだ♪

水族館や遊園地などは、60代男性にはあまりなじみのない場所かもしれません。

映画や舞台鑑賞で、趣味の合わないものを提案してくる可能性も。

しかし、この段階では割り切って、女性の趣味に付き合ってあげてください

60代男性の恋活デート【まとめ】

60代に限ったことではありませんが、デートを計画するときには、相手の立場に立って考えることが大切です。

また、これから長く付き合っていくために、「取り繕わない」ことも忘れないようにしてください。

無理をしても、相手が敏感な女性なら伝わってしまいますし、遅かれ早かれボロが出ます。

不器用で失敗しても、それだけで嫌いになることはまずありません。

私のためにここまでしてくれたんだってわかると、キュンとする…♡

楽しく丁寧にデートを重ねて、2人の絆を深めていってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました